Iラインの自己処理方法

Iラインは手が届きにくく見えにくい部位なので、自己処理は難しいです。しかし、気をつければ家庭でも脱毛できます。Iラインの脱毛をすることで清潔を保ちやすくなり、生理のときのかぶれが抑えられたり、水着を安心して着ることができます。

 

粘膜部分はよりデリケートで傷つきやすいので、自己処理をする場合は粘膜部分を避けましょう。サロンなどではIラインすべてを脱毛できますが、自己処理の場合はやらない方がよいです。

 

脱毛には電気シェーバーを使用します。電気シェーバーはカミソリと違って直接肌に触れないので肌への負担が少ないです。長い毛はヒートカッターで短くしておくと、シェーバーに巻き込まれず処理しやすくなります。ワックスや除毛クリームは刺激になるので、使用は避けた方がよいです。

 

脱毛をする前には清潔に洗っておきます。肌を保護するためにワセリンを塗ります。シェービングローションは刺激となる成分が含まれていることがありますが、ワセリンは無添加なのでデリケートな部位にも使用できます。

 

蒸しタオルを当てて毛を柔らかくしたら処理していきます。終わったら拭き取って保護のために再度ワセリンを塗りましょう。

 

家庭用光脱毛器でも脱毛できます。光脱毛器を使用するときは粘膜部分に光が当たらないようにしてください。

 

おすすめの全身脱毛サロン人気ランキング