ニードル脱毛について

脱毛方法には大きく分けて、光脱毛とレーザー脱毛、そしてニードル脱毛があります。

 

このうちエステサロンでも行えるのは光脱毛だけです。レーザー脱毛とニードル脱毛は医療行為に指定されている為、現在では医師もしくは看護師の資格を持っていないと施術が行えません。よってこれらの脱毛方法はクリニックでしか行うことができません。

 

光脱毛とレーザー脱毛は施術に使用する機器こそ違いますが、毛根に対して光線を照射して、毛根や周辺の組織にダメージを与えて脱毛を行うという点では一緒です。もちろん扱いに資格が必要なレーザー脱毛の方が出力が高く、脱毛効果が高いとされています。

 

これに対してニードル脱毛は、毛穴に直接針(ニードル)を刺し、その針に電気を流すことで毛根にダメージを与える脱毛方法です。光脱毛やレーザー脱毛ではある程度の範囲に一度に光線を照射できるのに対して、このノードル脱毛は毛穴1つ1つに対して行わなくてはいけない為、大変時間が掛かります。

 

このニードル脱毛は毛を生やした状態で行うのが特徴です。光脱毛やレーザー脱毛では施術を行う前にその部位の毛を剃ってから行いますが、ニードル脱毛は生えている状態のまま行います。

 

光脱毛やレーザー脱毛と比較すると脱毛が終わるまでに期間を要しますが、その分効果は高く、施術が終わった部分に再び毛が生えてくることはほとんどありません。

 

ですがこのニードル脱毛は施術中の痛みが大変大きいです。また施術を行った後に毛穴が腫れ上がってしまったり、毛穴の周辺にやけどのような跡が残ってしまうことが光脱毛やレーザー脱毛より多いのも実情です。

 

そしてニードル脱毛は施術に掛かる料金が光脱毛やレーザー脱毛より高く、施術を行う時間当たりの料金制の他に、毛穴1つ1つに対して単価決められている場合があります。毛穴の数は人によって異なる為、場合によってはかなりの料金になってしまうことがあります。

 

脱毛効果は一番高いとされていますが、その効率の悪さや施術中や終わった後の肌のトラブルの心配、またこの料金の高さから、現在ではこの脱毛方法は流行っておらず、これを行っているクリニックはあまり見掛けません。

 

おすすめの全身脱毛サロン人気ランキング